住宅用太陽光発電マルトク導入ガイドについて

住宅用の太陽光発電の仕組みや耐用年数、発電量、価格等の基礎知識をはじめとして、補助金についてやリスク、メーカーの紹介に10年後はどうなっているか等など、住宅用太陽光発電について詳しく解説した専門情報サイトです。住宅用太陽光発電を導入する前の参考にぜひご覧になってみてくださいね!

 

住宅用太陽光発電とは

住宅用太陽光発電とは、一般住宅に設置する太陽光発電装置のことで、東日本大震災や九州の自然災害などをキッカケに、全国的に注目されているエネルギー発電方法です。住宅用太陽光発電では、太陽の光を使って発電を行い、それを住宅で消費する電力として使うことができます。どのぐらいの電力を発電できるのかは、日射量や設置環境、また太陽光発電機の発電効率などによって異なりますが、自宅で消費する電力を大量斯う発電のみで補うことも可能です。

 

一般住宅に太陽光発電を設置する場合、自宅の屋根に設置することもできますし、使っていない空き地などがあれば、その空間を利用して発電装置を設置することも可能です。ただし、電力を取り扱う機器なので、素人が発電装置を購入して自分で取り付けるということはできません。必ず、施工業者に依頼して設置してもらうようにしましょう。住んでいる地域でどこにどんな業者が住宅用太陽光発電を取り扱っているのかわからないという人はたくさんいますが、そんな時にはソーラーパートナーズのような一括見積サイトを活用すれば、業者を知らなくても一括見積サイトから見積もりを取り寄せることができます。

 

ソーラーパートナーズは全国規模で展開されている太陽光発電業者の一括見積サイトで、全国からたくさんの業者が登録しているのが特徴です。住宅用太陽光発電を設置するためにソーラーパートナーズを利用した利用者数は年間で158万人以上と言われていて、太陽光発電の人気が急上昇している昨今では、今後もっと増え続けることが予想されています。

 

住宅用太陽光発電を検討している家庭は、まず自宅のある場所で太陽光発電を行うことで採算が取れるのかどうかを計算することから始めましょう。大規模で広大な空間を利用できる産業用の太陽光発電とは異なり、一般住宅では、屋根の広さや向きによって発電効果がイマイチになってしまうことは少なくありませんし、すぐそばに高いマンションなどが立っていて陰になる時間が多かったりしても、発電効力は低下してしまいます。そのため、一般住宅においては太陽光発電装置をつけることが必ずしも経済的なメリットにつながるというわけではないのです。そうした点も含めて、ソーラーパートナーズでは販売業者を紹介してくれるので、ぜひ相談しながら決断してくださいね。

 

太陽光見積りサイトNo.1【ソーラーパートナーズ】公式サイトはこちら!



 

住宅用太陽光発電のメリットとは

太陽光発電には、大きく分けて二つの種類があります。住宅用太陽光発電と、産業用太陽光発電ですね。この二つは、ソーラーパネルを使って太陽光から発電するというメカニズムの点では同じなのですが、それを電力会社がどのように買い取ってくれるのかという点について大きく異なります。住宅用太陽光発電の場合には、自宅で消費する電力を自家発電によって供給することをメインの目的としているため、発電した電力はまず自宅で消費し、消費できない分については電力会社が買い取ってくれるという仕組みになっています。

 

この買取りは、住宅用の場合には10年間が保証されています。この10年間を過ぎた場合でも、余剰電力は放置することができないので電力会社が買い取ってくれるわけですが、買取単価がただ同然になってしまうため、その点は注意した方が良いでしょう。

 

住宅用太陽光発電を設置することによって、普段の電気代を大幅に安く抑えることができます。また、太陽光発電設備だけでは発電した電力をプールして夜間に使うということができませんが、蓄電池を導入することによって昼間に発電した電力を夜間に使うという言った工夫ができるようになります。これもまた、住宅用太陽光発電設備を導入する大きなメリットと言えるでしょう。

 

太陽光発電設備は、サラリーマンなどの個人でも産業用のものに投資することは可能です。しかし産業用ではなくて住宅用を選択することには、大きなメリットがいくつかあります。まず1つ目は、電力会社による買い取り単価が高いという点ですね、買取り期間は10年間と短めですが、買取単価は高いので、元を取るまでにかかる期間は7年程度となっているようです。

 

さらに、住宅用太陽光発電設備の場合には、税金対策としても有効です。発電量が一定ラインを超えると固定資産税などが発生してしまいますし、設置場所によっても固定資産税が発生してしまいますが、発電量を抑えて自宅の屋根に設置すれば、条件を満たすことによって固定資産税が発生することなく、大きな節税対策として利用できるでしょう。産業用太陽光発電ではそういうわけにはいかないので、これは住宅用のものを選ぶメリットの一つと言えそうですね。

 

太陽光見積りサイトNo.1・ソーラーパートナーズはこちら!

Copyright (C) 2018 住宅用太陽光発電マルトク導入ガイド All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます