太陽光発電についての仕組みがよく分からないという人は多いのではないでしょうか。太陽光発電というと、自宅の屋根に設置されているソーラーパネルをイメージする人は多いですし、実際の住宅用太陽光発電でも屋根にソーラーパネルを設置して発電を行います。このソーラーパネルは太陽電池モジュールと呼ばれていて、たくさんのメーカーから様々な発電量のタイプがラインナップされています。それぞれ、発電効率が異なるだけでなく、寿命や価格なども異なるので、設置の際には業者と相談しながら自宅にピッタリのものを選ぶのがおすすめです。

 

ソーラーパネルに太陽光線が当たると、内部に設置されているN型シリコンとP型シリコンに電流が発生します。電流にはプラスとマイナスがあり、マイナスの電荷をもっている電子はN型シリコン半導体へ引き寄せられ、プラスの電荷をもった正孔はP型シリコン半導体へ引き寄せられていきます。しかし、これだけでは発電した電力を家庭で使うことはできません。そこで必要となるのが、パワーコンディショナーです。

 

パワーコンディショナーは、ソーラーパネルを使って発電した直流電力を、家庭内で消費できる交流電力に変換するための機器で、屋根に設置されたソーラーパネルはワイヤーを通してパワーコンディショナーへ電力が送られます。そして、パワーコンディショナーで自宅で使えるための交流電力に変換された後、屋内の分電盤に電力が送られて、各部屋のコンセントから電力を供給することができます。

 

住宅用太陽光発電では、これらのプロセスは、すべて機器が自動的に行ってくれるので、住民は特に何かをする必要はありません。パワーコンディショナーには、太陽光発電の発電量を制限するかどうかを管理できる機能が搭載されているものがあり、場合によっては発電量を制限することもできます。ただし、自宅で消費する電力の場合には、特に制限しなくても、発電した分は家庭内で消費し、もしも余ったら電力会社が余剰電力を買い取ってくれる制度があるので、ぜひ活用したいものです。

 

太陽光見積りサイトNo.1【ソーラーパートナーズ】公式サイトはこちら!



住宅用太陽光発電 売電の仕組み

住宅用太陽光発電は、どんな仕組みで売電収入につながるのでしょうか。まず太陽光発電設備について説明しましょう。住宅用の場合、自宅の屋根に設置するのが税金面でも節税につながることが多いため、方向的に設置可能な場合には住宅の屋根にソーラーパネルを設置します。どのぐらいの広さのパネルを設置するかについては、自宅でどのぐらいの電気を消費しているのかによって異なりますが、住宅用の場合には売電収入のために設置するというよりは、毎月の電気代を可能な限りゼロに近づけることを目標にしたほうが賢いため、電気消費量に合わせて発電量を調整していくことになります。

 

ソーラーパネルで発電した電力は、そのままでは家庭で使うことはできません。そのため、パワーコンディショナという設備を使い、家庭で使える交流電力へと変換することになります。パワーコンディショナはソーラーパネルと一緒に導入しますが、耐用年数はソーラーパネルよりも短くて10年程度なので、10年をめどに交換することはあらかじめ理解しておいた方が良いでしょう。また、パワーコンディショナと一体型となった蓄電池などもラインナップされていて、電力会社からの買取期間が終了しそうな時期になると、蓄電池も導入して毎月の電力を最大限に抑えるための工夫をする事も可能です。

 

蓄電池がない場合には、発電した電力は家庭で消費するか、消費しない場合には電力会社が買い取りという仕組みになっています。太陽光発電は太陽が昇っている日中でなければ行うことができませんが、昼間に自宅に誰もいないという家庭だと、発電しても使うことができないのでもったいないですよね。この場合、売電収入によって電気代を安く抑えることは可能なのですが、買取り期間が終了するとこの利益がなくなってしまうので、蓄電池を導入して毎月の消費電気として活用する方法を見出すのが良いでしょう。家庭用太陽光発電設備は、産業用と比べると規模はちいさいものが一般的ですが、メンテナンスなどは年に数回シッカリ行うことによって、故障を防いで発電量を最大限に維持することができます。

 

太陽光見積りサイトNo.1・ソーラーパートナーズはこちら!