住宅用太陽光発電の設置は一般家庭でも注目されている発電方法の一つで、現在、導入を検討している家庭が急増しています。特に、東日本大震災のように広い範囲で災害の影響を受けた場合、長期間にわたって停電が続いたり、計画停電によって日常生活が回らないということは少なくありません。そんな時、家庭に住宅用太陽光発電がついていれば、電力会社からの電力供給がストップしていても自宅で発電を行い、そして消費することができるので、最低限の日常生活を営むことはできるでしょう。

 

しかし、住宅用太陽光発電は最初にまとまった金額の設置費用が掛かるため、導入したいからと言って誰でも簡単に導入できるものではありません。1kwh当たりの発電量でかかる単価は目安としては44万円と言われていますが、場合によっては60万円近くかかってしまうこともあり、初期費用は数百万円レベルの投資になってしまいます。ローンを組んで購入するとしても、かなりの出費になることは間違いありませんね。

 

そこで、国や都道府県、市町村では補助金制度を行っています。現在、住宅用太陽光発電を導入する家庭が急増しているため、国の補助金制度は一時的にストップされていますが、都道府県や市町村においては現在でも補助金制度が継続されているので、家庭で住宅用太陽光発電を導入する際には最初にかかる費用をいくらか軽減することができます。自治体ごとに補助金を受けられるための条件や金額が異なりますし、場合によっては補助金制度が導入されていない自治体もあるので、最初によくその辺も調べながら導入を検討すると良いでしょう。役所に問い合わせれば補助金制度について教えてもらう事ができますし、ソーラーパートナーズのような一括サイトを使って販売業者から見積もりを取り寄せる場合には、補助金制度についても情報提供してくれることが多いので安心です。採算性を計算する際には、補助金制度を利用することを前提として計算したほうが、より正確な採算性が出せるので、ぜひ導入前に調べておきたいものですね。

 

太陽光見積りサイトNo.1【ソーラーパートナーズ】公式サイトはこちら!



住宅用太陽光発電補助金の種類

住宅用太陽光発電システムを導入する際には、各自治体からどんな補助金が出るのかという点も含めて検討することが必要です。補助金にはいろいろな種類があり、国が出している補助金もあれば、都道府県や市町村が出している補助金などもあり、受け取ることができる金額もバラバラです。そのため、まったく同じ住宅用太陽光発電システム設備を導入しても、住んでいる場所によっては充実した補助金を受け取ることができて初期費用がほとんどかからないという世帯がある一方で、補助金がほとんどでないために初期費用のほとんどを自己負担したという世帯もあるわけですね。

 

住宅用太陽光発電システムの導入では、補助金の対象となる機器が設定されていることもあるので注意しましょう。実績のある施工業者に相談すれば、そうした点についても考慮しながらどの機器を導入するかを決めることができますし、適切なアドバイスを受けることも可能です。分かりやすい目安としては、住宅用太陽光発電システムの補助金制度は、地球温暖化をストップする効果が高い機器の方が優先的に受け取ることができるので、CO2排出量が少ないエコタイプの機器なら、補助金を受け取れる確率は高いと言えるでしょう。一般的にそうした機器だと、購入費用が高めのものが多いのですが、高ければ必ず補助金支給の対象になるというわけではないので、その点も良くリサーチすることをおすすめします。

 

全国各地でどんな補助金がもらえるのかは、ネットを使って調べることができる他、各自治体に問い合わせることも可能です。補助金の傾向としては、どの自治体でも普及する家庭が増えるにつれて補助金制度も少しずつ減少する傾向にあるため、遅かれ早かれ補助金制度そのものが消滅することも考えられます。もしも将来的に住宅用太陽光発電システムを導入しようかなと考えている家庭なら、数年待つことによって補助金がなくなってしまうリスクもありますから、今すぐに導入して補助金を受け取るという方法も悪くありませんね。

 

太陽光見積りサイトNo.1・ソーラーパートナーズはこちら!