住宅用太陽光発電を導入する際には、どのぐらいで元が取れるのか、その採算性をしっかりと計算しておくことが必要です。産業用太陽光発電設備のように大規模な設備を導入する場合には、採算は取りやすいことが多いのですが、一般家庭の場合だと発電量が少ないために再選が取れるまでにかかる年月が長くなる傾向にあります。また、余剰電力は電力会社が買い取ってくれるという制度があるので、消費しきれない電力は電力会社が買い取ってくれて発電収入とすることができますが、一般家庭の場合だと最長でも10年までと制限されているため、その辺も計算しながら住宅用太陽光発電の導入を考え長ければいけません。

 

住宅用太陽光発電では、家庭で消費する電力を太陽光発電によってカバーすることを目的としていますが、一般家庭の場合には必ずしも採算が取れるというわけではありません。まとまった資金が必要となる設備投資となるので、設置した後で「やはり元が取れないことが分かった」なんて後悔しては遅いもの。そのため、導入前にシッカリと採算性について計算することが必要なのです。勿論、採算性の計算については、あくまでも過去の統計に基づいた予想なので、かならずその通りに元が取れるという保証はありません。例えば、天候が変われば発電量にも影響が出るでしょうし、設備を設置した時と日射条件が変わってしまうと発電量も変わってしまうでしょう。そうしたリスクも含めた採算性を考えたうえで導入しましょう。

 

住宅用太陽光発電の採算性は、どのぐらいの発電量のものを設置するのか、どこのメーカーのモジュールを使うのか、また自治体からの補助金はどのぐらい出るのかによって、何年ぐらいで元が取れるのかという点は異なります。採算性の計算は、住宅用太陽光発電を設置する販売業者がしてくれますが、その際には補助金についても利用することを前提とした計算となるので、補助金についてもしっかりリサーチしておきたいですね。

 

太陽光見積りサイトNo.1【ソーラーパートナーズ】公式サイトはこちら!