住宅用太陽光発電を導入する際には、どのぐらいで元が取れるのか、その採算性をしっかりと計算しておくことが必要です。産業用太陽光発電設備のように大規模な設備を導入する場合には、採算は取りやすいことが多いのですが、一般家庭の場合だと発電量が少ないために再選が取れるまでにかかる年月が長くなる傾向にあります。また、余剰電力は電力会社が買い取ってくれるという制度があるので、消費しきれない電力は電力会社が買い取ってくれて発電収入とすることができますが、一般家庭の場合だと最長でも10年までと制限されているため、その辺も計算しながら住宅用太陽光発電の導入を考え長ければいけません。

 

住宅用太陽光発電では、家庭で消費する電力を太陽光発電によってカバーすることを目的としていますが、一般家庭の場合には必ずしも採算が取れるというわけではありません。まとまった資金が必要となる設備投資となるので、設置した後で「やはり元が取れないことが分かった」なんて後悔しては遅いもの。そのため、導入前にシッカリと採算性について計算することが必要なのです。勿論、採算性の計算については、あくまでも過去の統計に基づいた予想なので、かならずその通りに元が取れるという保証はありません。例えば、天候が変われば発電量にも影響が出るでしょうし、設備を設置した時と日射条件が変わってしまうと発電量も変わってしまうでしょう。そうしたリスクも含めた採算性を考えたうえで導入しましょう。

 

住宅用太陽光発電の採算性は、どのぐらいの発電量のものを設置するのか、どこのメーカーのモジュールを使うのか、また自治体からの補助金はどのぐらい出るのかによって、何年ぐらいで元が取れるのかという点は異なります。採算性の計算は、住宅用太陽光発電を設置する販売業者がしてくれますが、その際には補助金についても利用することを前提とした計算となるので、補助金についてもしっかりリサーチしておきたいですね。

 

太陽光見積りサイトNo.1【ソーラーパートナーズ】公式サイトはこちら!



住宅用太陽光発電の採算性、儲かるか?

住宅用太陽光発電システムを導入しようかなと考えている家庭の多くは、毎月の電気代を大幅に安くできるか、もしくは無料に近いぐらい節約できる上に、使いきれなかった電力を電力会社に買い取ってもらうことで売電収入も得られると計算しているのではないでしょうか。確かに、住宅用太陽光発電システムのメカニズムとしては、この考え方は間違っていません。しかし実際には、採算がとれるかどうかは住宅用太陽光発電システム設備の発電量や電力会社の買取価格など、複数の要素によって決まります。そのため、住宅用太陽光発電システムを導入する際には、あらかじめ採算性も考えて儲かることを確信した上で導入に踏み切りたいですね。

 

住宅用太陽光発電システム設備で最初に抑えたいことは、元を取るということでしょう。元が取れるかどうかという点は、住宅用太陽光発電システムを購入して維持する際にかかる費用を計算すると同時に、売電収入および節約できた電気代も合わせて計算し、どちらが金額的に多くなるかによって採算性を計算できます。かかる費用としては、最初の導入にかかる初期費用に加えて、メンテナンスにかかる費用、保険費用などがあります。機器によってどのぐらいの支出になるかはケースバイケースですが、目安としては発電量1kw当たりの支出を40万円以下に抑えるのが採算をとるためのポイントと言われています。

 

一方、売電収入および節約した電気代の金額は、目安としては発電量1kw当たり38万円~58万円程度となります。つまり、支出が40万円かかるので、収入分が58万円あれば儲かりますが、38万円しかないと採算が取れないということになってしまうわけですね。この辺りは、実績のある施工業者に相談すれば見積もりやシミュレーションを計算してもらうことができるので、契約する前にしっかり計算することをおススメします。一般的には、住宅用太陽光発電システムは自家消費率が高い家庭の方が元は取れているようですね。

 

太陽光見積りサイトNo.1・ソーラーパートナーズはこちら!