太陽光を受けて何がどのように発電し、そして住宅の中で私たちが消費する電力として供給されるのか、そのシステム構成に興味を持っている人はたくさんいます。住宅用太陽光発電システムは一般的に屋根など日射条件が良い場所に太陽電池モジュールと呼ばれるソーラーパネルを設置することから始まります。ソーラーパネルが紫外線を受けると、マイナス端子とマイナス端子とに電流が発生し、直流電力を作ることができます。しかし、住宅で使われている電力は直流ではなく交流タイプになっているため、発生させた電力をそのまま家庭内で使うことはできません。ここで、パワーコンディショナと呼ばれるものが必要となります。

 

パワーコンディショナは、ソーラーパネルで発電させた電力を、家庭で使えるような交流電力に変換するための装置ですが、それだけではなく、住宅用太陽光発電システム全体の運転を自動的に管理することができる装置です。住宅用太陽光発電システムの中には、発電を制御できる機能が付いたものなどがありますが、その機能はパワーコンディショナによって管理されているわけです。パワーコンディショナで交流電力に変換された電力は、屋内に設置される分電盤に送られます。これは、発電した電力を住宅の中の各部屋で使えるようにするシステムで、屋内に設置することになります。

 

住宅用太陽光発電システムはそれだけではありません。どのぐらいの電力を発電して、どのぐらいの電力を消費したのかも知りたいですよね。それに、消費電力の方が発電電力よりも少なければ、余剰電力を電力会社が買い取ってくれるので、発電収入を得ることができます。そうした電力の使用量と消費量をメーターで計測するためのシステムが、電力量計です。これがなければ、どれだけ発電してどれだけ消費したのかが分からないので、住宅用太陽光発電システムでは必ず付けなければいけません。

 

さらに、住宅用太陽光発電システムには電力モニタ―と呼ばれるシステムもついています。これは、現在の電力消費量や発電量などによって、今後の電気代の目安などを知ることができる便利なシステムで、今月はけっこう発電したのだなとか、電気の消費量を抑えれば発電収入が期待できそうだな、ということを考えながら住民は生活することができるサポートをしてくれます。

 

太陽光見積りサイトNo.1【ソーラーパートナーズ】公式サイトはこちら!



住宅用太陽光発電システムの必要な構成

住宅用太陽光発電システムというと、ソーラーパネルをイメージする人は多いでしょう。確かに、住宅用太陽光発電システムにはそーラーパネルは必要不可欠なシステム構成機器ですが、ソーラーパネルだけがあっても発電した電力を家庭で使ったり電力会社に買い取ってもらえるわけではありません。住宅用太陽光発電システムの導入に当たっては、必要な機器を全て設置しなければいけません。

 

住宅用太陽光発電システムのシステム構成のうち、ソーラーパネルは太陽の光を電気というエネルギーに変換するための装置で、正式には太陽電池モジュールと呼ばれています。このモジュールを何枚ぐらい設置するかによって、発電量が異なるわけですね。ソーラーパネルで発電した電力は、直流の電力でそのまま家庭で使うことはできませんから、直流の電力を家庭で使える交流電力に変えるためのシステム設備が必要となります。これが、パワーコンディショナという機器です。パワーコンディショナはソーラーパネルで発電中には自動的にスイッチが入って作動し、自家発電した電力をそのまま家庭で使うことができます。

 

また、複数設置されているソーラーパネルの電力を一つにまとめてパワーコンディショナに送るための装置が、接続箱と呼ばれているものです。接続箱は太陽電池モジュールとパワーコンディショナの間に設置されている機器ですね。

 

パワーコンディショナで電力を家庭で使える交流電力に返還したら、分電盤という危機に電気が送られて、家庭の配線に電力を供給します。この分電盤も、住宅用太陽光発電システムを設置する際には初期投資として導入する必要があります。さらに、電力量計という計器も必要で、この計器によって、どのぐらいの発電をして、そのうち電力会社にいくら売電したのかそいう数値を読み取ることができます。住宅用太陽光発電システムを導入する際には、これらの機器が全てシステム構成に必要となるので、まとめて導入することになります。

 

太陽光見積りサイトNo.1・ソーラーパートナーズはこちら!