住宅用太陽光発電システムの導入を検討する際には、やはり最初にかかる初期費用が気になるところではないでしょうか。初期費用としては、住宅用太陽光発電システムそのものにかかるコストがあるだけでなく、工賃などがかかることになります。住宅用太陽光発電システムを製造販売しているメーカーはたくさんあり、それぞれ発電効率や価格などが異なるので、導入の際にはそうした点も考慮しながら自宅にピッタリの住宅用太陽光発電システムを選ばなければいけません。たくさんある選択肢の中からピッタリのものを選ぶのはけっこう難しいので、専門的な知識や経験を持つプロの販売業者に相談しながら決めるのが良いでしょう。ソーラーパートナーズのような一括サイトを使って見つける業者なら、見積もりを出す段階でそうした住宅用太陽光発電システムについても発電効率や価格の点から説明を受けることができますし、相談しながら決められるのでおすすめです。

 

メーカーによって住宅用太陽光発電システムの価格は異なります。一般的な目安としては、工賃も含めて1kwh当たりの発電量で価格コストの目安は41万円〜44万円程度と言われていて、この金額を目安にして大体いくらかかるのかを概算見積もりすることができます。その家庭ごとに年間どのぐらいの電力を消費しているのかが異なるため、設置の際にどのぐらいの発電量を目安にすれば良いのかという点が異なりますが、モジュールの数を決める際には年間の電力消費量をカバーできるぐらいの発電量のものを設置するのが良いでしょう。

 

例えば5kwh程度の発電量が見込める住宅用太陽光発電システムを設置する場合、1kwh当たり41万円〜44万円なので、最初にかかる初期費用は205万円〜220万円程度ということになります。ただし、発電効率が良いモジュールなどを選ぶと、1kwh当たりの単価は60万円ぐらいになってしまうこともあるので、場合によっては5kwhで300万円ほどかかってしまうこともあります。目安はあくまでも相場として考えましょう。

 

太陽光見積りサイトNo.1【ソーラーパートナーズ】公式サイトはこちら!



住宅用太陽光発電システムの価格比較

住宅用太陽光発電システムを導入する際には、複数の業者から見積もりを取り寄せて、比較した上で検討することが必要不可欠です。同じ機器を購入する場合でも、業者ごとに販売価格は異なりますし、施工にかかる工事費も業者によって異なります。また、業者ごとに施工方法が異なり、それによっては発電効率にも影響することがあるため、価格を比較する際には、価格だけではなくて発電効率についても比較することが必要なのです。

 

住宅用太陽光発電システムの価格を比較する際には、どんなポイントに注意したらよいのでしょうか?まず1つ目は、ソーラーパネルやパワーコンディショナー、ケーブルなどの機材にかかる材料費、部材費などがあります。施工業者の多くは、メーカーと提携していることが多く、特定の機材なら格安で提供できたり、取り扱っていないメーカーのものだと割高になってしまう事などがあるので注意したいですね。

 

2つ目の比較ポイントには、工事費があります。これは人件費や足場代などにかかる経費ですね。そして3つ目のポイントは、部材費には含まれていない材料費、例えばコーキング材などにかかる費用があります。業者から見積書を取り寄せると、これらの費用が全て含まれているので、まずは見積書の費用を比較すると良いでしょう。

 

しかし、業者選びで比較したいのは、見積書に記載されている数字だけではありません。アフターサービスや保証についてもしっかり比較することが大切です。業者の多くは、アフターサービスを無償で提供していますが、どんな内容が含まれているのかを比較し、業者のアフターサービス以外に自分自身でどのような費用が掛かるのかについても検討したほうが良いでしょう。また、火災保険への加入の際にも、業者側で一括して加入しているものを利用できるというケースもあれば、個人で個別に契約してください、というケースもあります。また、保証期間の期間や、それが過ぎた後には有償で保証期間を延長できるのか、それとも保証が完全になくなってしまうのか、という点もまた、比較したいですね。

 

太陽光見積りサイトNo.1・ソーラーパートナーズはこちら!