住宅用太陽光発電システムの導入を検討する際には、やはり最初にかかる初期費用が気になるところではないでしょうか。初期費用としては、住宅用太陽光発電システムそのものにかかるコストがあるだけでなく、工賃などがかかることになります。住宅用太陽光発電システムを製造販売しているメーカーはたくさんあり、それぞれ発電効率や価格などが異なるので、導入の際にはそうした点も考慮しながら自宅にピッタリの住宅用太陽光発電システムを選ばなければいけません。たくさんある選択肢の中からピッタリのものを選ぶのはけっこう難しいので、専門的な知識や経験を持つプロの販売業者に相談しながら決めるのが良いでしょう。ソーラーパートナーズのような一括サイトを使って見つける業者なら、見積もりを出す段階でそうした住宅用太陽光発電システムについても発電効率や価格の点から説明を受けることができますし、相談しながら決められるのでおすすめです。

 

メーカーによって住宅用太陽光発電システムの価格は異なります。一般的な目安としては、工賃も含めて1kwh当たりの発電量で価格コストの目安は41万円〜44万円程度と言われていて、この金額を目安にして大体いくらかかるのかを概算見積もりすることができます。その家庭ごとに年間どのぐらいの電力を消費しているのかが異なるため、設置の際にどのぐらいの発電量を目安にすれば良いのかという点が異なりますが、モジュールの数を決める際には年間の電力消費量をカバーできるぐらいの発電量のものを設置するのが良いでしょう。

 

例えば5kwh程度の発電量が見込める住宅用太陽光発電システムを設置する場合、1kwh当たり41万円〜44万円なので、最初にかかる初期費用は205万円〜220万円程度ということになります。ただし、発電効率が良いモジュールなどを選ぶと、1kwh当たりの単価は60万円ぐらいになってしまうこともあるので、場合によっては5kwhで300万円ほどかかってしまうこともあります。目安はあくまでも相場として考えましょう。

 

太陽光見積りサイトNo.1【ソーラーパートナーズ】公式サイトはこちら!