住宅用太陽光発電システムを設置すると、太陽光線によって電力を発電し、それを優先的に消費することができるので、一見するとお金をかけずに電力を発電して消費できるとイメージする人が多いものです。しかし住宅用太陽光発電システムの場合には、最初に設置する際にまとまった金額の初期費用が掛かるため、設置後の発電電力によってそのかかったコストを少しずつ相殺していくことになります。それが発電コストのメカニズムです。住宅用太陽光発電システムを導入する際には、コストがかかるということは理解しておかなければいけませんし、採算をとるまでには数年間という長い期間がかかることも覚えておきたいものです。

 

住宅用太陽光発電システムの発電コストを少しでも低く抑えたい場合には、導入の際にいくつかのポイントを抑えることが必要です。まず最初に、設置する住宅用太陽光発電システムはできるだけコスパが良いものを選ぶということは大切でしょう。各メーカーごとにラインナップされている住宅用太陽光発電システムは、発電効率や価格が異なります。できるだけリーズナブルに購入できるけれど発電効率がバツグンに良いというものを選べば、長期にわたる発電コストを安く抑えることができます。

 

もう一つは、国や自治体から提供されている補助金制度を上手に利用するという点です。現在では国の補助金は一時的に打ち切りとなっていますが、都道府県や市町村によってはまだ補助金制度を継続している所がたくさんあるので、そうした補助金制度を利用すれば最初にかかる設置費用を安く抑えることができます。初期費用を抑えれば発電コストを低く抑えることができ、よりお得に住宅用太陽光発電システムを利用できることにつながりますね。

 

発電収入を得ることも、発電コストを低く抑えるコツです。住宅用太陽光発電システムの設置の際には、消費する電力分ぐらいはカバーできる発電量の住宅用太陽光発電システムを導入することが多いのですが、その中で節電すれば余剰電力が発生して、電力会社が買い取ってくれる仕組みとなっています。つまり、節電して余剰電力を買い取ってもらえば、発電収入を手にすることができ、コストを最小限に抑えることにつながります。

 

太陽光見積りサイトNo.1【ソーラーパートナーズ】公式サイトはこちら!



住宅用太陽光発電システムの発電コストは下がるか?

住宅用太陽光発電システムというと、発電によって売電収入を得ることができるので、利益が出る投資と考える人が大半ではないでしょうか。確かに、発電した電力を電力会社が買ってくれるので利益が出るという点では間違っていません。しかし、ソーラーパネルで発電した熱を家庭でも使用できる交流電力に変換するなどの作業をする際には、やはり電力を必要とするため、発電する際にもコストがかかります。住宅用太陽光発電システムに限らず、再生可能なエネルギーを利用することは、環境にとってはとてもプラスになるのですが、発電する際にかかるコストが高めというデメリットがあります。せっかく発電によって利益が出ても、その利益を出すためにかなりのコストがかかってしまうのでは、せっかくの利益が目減りしてしまいますよね。

 

住宅用太陽光発電システムの発電コストは、2014年の段階では、29.4円かかっていたという統計があります。大量の電力を発電できるメガソーラーでも、1kwh当たりの発電コストは24.2円となっていたので、他の発電方法と比べるとかなり割高感がありました。発電コストが安価問あわれている原子力発電の場合だと、1kwhあたり10円程度で発電できるので、それと比べると割高感は否めませんね。

 

しかし、2014年と比較すると、2018年現在ではすでに住宅用太陽光発電システムの発電コストは右肩下がりで安くなる傾向にあります。その理由は、住宅用太陽光発電システムの普及が広く進み、より多くの家庭で導入するようになったことがあげられるでしょう。多くの家庭に普及するようになったことによって、メーカー側も研究や開発がどんどん進み、導入のための初期費用がリーズナブルになったり、性能の面でも優秀なものがどんどんと開発されているため、発電コストも安くなっているわけですね。このまま発電コストの低下が進み続けると、2030年あたりには、1kwhあたりの発電コストは12円程度まで下がるのではないかと考えられています。そうすれば、原子力発電と変わらないぐらい安価な発電方法になるのではないでしょうか。

 

太陽光見積りサイトNo.1・ソーラーパートナーズはこちら!