住宅用太陽光発電システムを設置する場合には、どのぐらいの発電量が必要なのか頭を悩ませる家庭はたくさんあります。基本的には、電力消費量はその家庭ごとによって大きく異なるので、住宅用太陽光発電システムを設置する際にはその家庭の電力消費量をカバーできるぐらいの発電量のシステムを選ぶことが大切です。一般的な世帯の平均電力消費量は年間で5000kwh程度と言われていますが、家庭によってはここまで必要ないということもあるでしょうし、これでは全く足りないということもあるでしょう。そのため、その家庭ごとの年間電力消費量をまず調べて、それに合った発電量が見込める住宅用太陽光発電システムの導入がおすすめです。

 

ただし、発電量が多くなれば設置の際にかかる初期費用も当然ですが高くなります。初期費用の目安としては、1kwh当たりの発電で平均41万円〜44万円程度と言われているので、5kwhの発電なら最初にかかる費用は工賃も含めて205万円〜220万円程度となります。これはあくまでも目安なので、発電効率が良い最新式の住宅用太陽光発電システムを導入すれば、単価が1kwh当たり60万円ぐらいになってしまうこともり、初期費用は高くなってしまうことももちろんあります。目安はあくまでも目安としておきましょう。

 

住宅用太陽光発電システムを設置すると、毎月消費しきれなかった余剰電力については電力会社が買い取ってくれるシステムになっています。この時、買取りに際して売電単価が設定されていますが、住宅用太陽光発電システムの発電量が10kwh以下の場合とそれ以上の場合とでは買取の際の単価が異なるので注意しましょう。また、住宅用太陽光発電システムに出力制御対応機能がついているものとついていないものとでも、買取りの際の単価が異なります。単価が高いのは制御装置がついている方で、2017年現在では1kwh当たりの買取単価は33円、制御装置がついていない場合には1kwh当たり31円と設定されています。住宅用太陽光発電システムの導入では、こうした発電量についてもしっかり検討したいものですね。

 

太陽光見積りサイトNo.1【ソーラーパートナーズ】公式サイトはこちら!



住宅用太陽光発電システムの発電量の目安

住宅用太陽光発電システムを導入しようかなと考えた時、どのぐらいの発電量を目安にしたらよいのか困ってしまうものです。住宅用太陽光発電システムの場合には、産業用のように発電したらすべてを買い取ってもらえるというわけではなく、まずは家庭で消費し、過剰な電力については買い取ってもらえるというシステムとなっています。また、産業用の場合には買取り期間は20年間と長いのですが、住宅用太陽光発電システムの場合だと買取り期間は10年となっているため、導入する際には10年を過ぎた後のことも考えながら発電量を考える必要があるでしょう。

 

住宅用太陽光発電システムの発電量を考える際には、まず家庭でどのぐらいの電力を消費しているのかを確認する必要があります。1年間にその家庭でどのぐらいの電力を消費しているのかは、毎月の電気代の請求書を見ると記載されていますが、一般的な家庭における年間の電力消費量は4800kwh程度となっています。もちろん、住宅の広さや地域、どのような電化製品をどのぐらい使っているかによって消費電力量は変わってくるわけですが、電気代の請求書を見ることによって、より無駄がなく最も効率的な発電量の目安が分かるでしょう。

 

もしもその家庭での年間電力消費量が4800kwhの場合には、導入する住宅用太陽光発電システムの発電量は、大体な同じぐらいの4800kw程度を賄えるシステムを考えるのがおすすめです。システムを導入した場合、蓄電池も合わせて導入すれば、昼間に発電して使えなかった電力に関しては、蓄電しておいて夜間などに使うことができます。そのため、年間の電力消費量をカバーできるぐらいの発電量を確保できれば、毎月の電気代を限りなくゼロに近づけることができるのです。これは大きなメリットと言えるでしょう。特に住宅用の場合には、電力会社からの買い取り期間は10年間と制限されているので、その後のことも考えたうえで、10年間の期限が終了に近づいたころには、蓄電池の導入を検討することをおすすめします。

 

太陽光見積りサイトNo.1・ソーラーパートナーズはこちら!