自宅に住宅用太陽光発電を導入する際には、色々な点からプラスとマイナスを考えなければいけません。住宅用太陽光発電を設置する際には、最初にかなりまとまった費用が掛かることになり、どのぐらいで採算が取れるのかを計算することは、住宅用太陽光発電の導入ではとても大切なポイントとなります。一般家庭に導入する住宅用太陽光発電は、発電量が5kwh〜10kwh程度のものが多いのですが、どのぐらいの発電量がその家庭に適しているかは、どのぐらいの電力を消費するかによって異なります。目安としては、家庭で消費する電力分を住宅用太陽光発電でカバーできるぐらいの発電量を目安にすると良いでしょう。

 

採算性ですが、これを計算するためには最初にどのぐらいの初期費用が掛かるのかという点、それに対して補助金制度などを利用した上で自己負担がいくらぐらいになるのかという点、毎月どのぐらいの電気消費量があるのかというデータが必要となります。家庭用の太陽光発電では、余剰電力は10年間にわたって電力会社が買い取ってくれることになるので、そうした部分も含めて採算性の計算をすることになります。自分で計算することはできますが、もしも真剣に住宅用太陽光発電の導入を検討しているなら、販売業者がこれらについて統計やデータに基づいて採算性を計算してくれるので、それを見たうえで導入することが得なのか損なのかを判断すると良いでしょう。

 

住宅用太陽光発電の導入では、どのメーカーのどんなシステムを導入するのか、どの販売店に依頼をして、どんな工法で設置するのかなどによって、かかるコストが異なります。ソーラーパートナーズのような一括見積サイトを利用すれば、複数の販売業者から同時に見積もりを出してもらう事ができるので、価格を比較するうえではとても便利ですね。ソーラーパートナーズに登録している業者はどれも優良業者ばかりという点も、業者選びで安心できる材料の一つではないでしょうか。

 

太陽光見積りサイトNo.1【ソーラーパートナーズ】公式サイトはこちら!



住宅用太陽光発電の導入時の知っておきたいポイント

住宅用太陽光発電システムは、毎年多くの家庭が導入していて、普及率は右肩上がりに上っています。その背景にはいろいろなことがあり、国や自治体から出る補助金のおかげでまとまった費用がなくても設置しやすくなったことや、自然災害の時には自家発電できる住宅用太陽光発電システム画あることによって、最低限の生活はできるという安心感など、たくさんの理由が考えられます。自宅でも住宅用太陽光発電システムを導入しようかなと考えている家庭は多いでしょうけれど、導入の前に知っておきたい点がいくつかあります。

 

まず1つ目は、住宅用太陽光発電システムの仕組みを理解するという点があげられます。住宅用太陽光発電システムというと、ソーラーパネルで発電して、使わなかった電力は電力会社が買い取ってくれるというイメージがあります。確かにその通りなのですが、住宅用太陽光発電システムの場合には、発電した電力は、まず家庭で使うことが優先されるため、産業用のように発電電力を全て買い取ってもらえるというわけではありません。また、買取り期間は10年間だけなので、導入の際にはその後のことも考えたうえで導入することをおすすめします。

 

2つ目は、買取価格についてです。家庭で使わなかった電力は、現在では電力会社が10年間の買取を保証してくれています。しかし、買取価格については毎年少しずつ低くなっているため、今年導入するのと来年導入するのとでは、売電収入に大きな差が出てきます。その点は理解しておきたいですね。

 

3つ目は、メンテナンスや修理などにかかるコストがあるという点です。ソーラーパネルは電気機器なので、壊れることがあれば修理が必要になることもあるでしょう。定期的なメンテナンス作業や火災保険にかかる料金、修理が必要になれば部品の交換費用も掛かります。そうした費用が掛かるという点は、住宅用太陽光発電システムを導入する前に知っておかなければいけませんね。また、電力会社からの買取期限が近付いたら、発電した電力を無駄にしないために蓄電池の導入も検討することが必要になります。蓄電池があれば、昼間発電した電力を夜間に使えるようになるので、電気代を限りなくゼロに近づけることも可能です。

 

太陽光見積りサイトNo.1・ソーラーパートナーズはこちら!