産業用に加えて一般家庭でも住宅用太陽光発電の導入を検討する家庭が増えています。特に近年では自然災害による大規模な停電や長期にわたる停電、その他計画停電などによって、電力の供給が思うように受けられない事態が多いため、一般家庭でもそうした不便さを少しでも解消しようと住宅用太陽光発電の導入を検討しているのかもしれませんね。

 

住宅用太陽光発電の普及率ですが、全国的な平均を見ると約3.6%程度となっています。この数字は毎年少しずつ右肩上がりに増えているのが特徴で、今後はもっと高くなることが予想されています。その理由としては、住宅用太陽光発電を利用することによって毎月の電気代が節約できるだけでなく、長期的には大きな電気代の節約につながるという点や、消費する電力を自宅で発電できるので、万が一の停電時でも自宅は住宅用太陽光発電によって最低限の生活を送ることができるという点、そしてもしも消費しなかった電力に関しては、電力会社が買い取ってくれるという点などがあげられます。基本的に住宅用太陽光発電を設置する際には、その家庭で消費する電力量に合わせてカバーできるぐらいの発電量が目安となりますが、電力消費量はその月によって異なるので、場合によっては発電量の方が消費量よりも多い月もあるでしょう。その場合には、発電した電力が無駄になってしまうことはなく、電力会社が買い取ってくれるので発電収入を得ることができます。

 

全国各地の都道府県を見てみると、最も住宅用太陽光発電の普及率が高いのは佐賀県で、約7%程度と全国平均の2倍程度になっています。佐賀県では都道府県や市町村ごとの補助金制度が充実していますし、また九州地方は日射条件がとても良い地域のため、かなり安定した発電量が見込めるという点が、高い普及率につながっているのかもしれませんね。

 

今後は住宅用太陽光発電の普及率はもっと高くなることが予想されています。それにともなって設置の際にかかる初期費用もリーズナブルになると嬉しいですね。

 

太陽光見積りサイトNo.1【ソーラーパートナーズ】公式サイトはこちら!



住宅用太陽光発電システムの普及率と地域別比較

毎年右肩上がりに高くなっている住宅用太陽光発電システムの普及率ですが、その背景には、地球にとってエコという理由以外に、自然災害時に大規模な停電が起こったとしても、住宅用太陽光発電システムを導入していれば最低限の生活は維持できるという危機対策、そして住宅用太陽光発電システムを導入することによって毎月の電気料金を大幅に安く抑えることができるという節約対策など、たくさんの理由があります。

 

住宅用太陽光発電システムは、発電するためには太陽の光が必要となるため、その地域の日射条件などによってどのぐらいの採算が取れるかという点が異なります。分かりやすく言うと、晴天率が高い地域の方が発電量を多くできるため、住宅用太陽光発電システムには向いているということになりますね。南北に長くのびる日本列島では、地域によって住宅用太陽光発電システムの普及率にも大きな差があります。

 

日本の中で晴天率や日照率が高い地域と言えば、九州や沖縄、四国などの地域ではないでしょうか。この地域は産業用太陽光発電設備への投資をする投資家たちも注目している地域で、他の地域と比較して発電量が多いため、太陽光発電システムにはとても向いているエリアとなっています。産業用として多くの投資家がこの地域の太陽光発電設備に投資をしているのですから、住宅用の設備を導入しても、かなり採算性が高いと言えるでしょう。

 

全国各地の都道府県を比較してみると、住宅用太陽光発電システムの普及率は佐賀県がトップとなっていて、普及率は7.3%です。全国の平均普及率は3.6%なので、それと比べるとかなり高い普及率と言えるでしょう。その他、九州の各都道府県は高い普及率で、熊本県や宮崎県、岡山県、大分県など晴天率が高くて暖かい地域の普及率が高くなっていますね。

 

一方、普及率が低いのはどこなのでしょうか?普及率が最低なのは青森県で、わずか0.9%となっています。その理由は、晴天率が低いことがあげられるでしょう。また、北海道や日本海側の北陸地方などもまた、冬の降雪量が高い地域は住宅用太陽光発電システムによる発電が難しいために、普及率は低くなっています。

 

近年、普及率が高くなっているのは、東北から関東にかけての太平洋側の地域ですね。この地域は、東日本大震災で大きなダメージを被った地域、そして近い将来には自然災害のリスクが高いと言われている地域です。晴天率もそれほど悪くないため、住宅用太陽光発電システムの導入を検討する家庭が増えているということなのでしょう。

 

太陽光見積りサイトNo.1・ソーラーパートナーズはこちら!