住宅用太陽光発電は現在、再利用が可能なエネルギー資源として注目されています。東日本大震災やそのほかの自然災害は日本で全国的に起こっていて、長期間にわたって停電が続いたり、計画停電になってしまうことは珍しくありません。そうすると、電力に頼っている私たちの生活は不便になってしまいますし、場合によっては日常生活がままならない状態にも陥ってしまいます。

 

しかし、住宅用太陽光発電を設置していれば、家庭で消費する電力の一部もしくは全部を家庭で自給自足することができます。そうすれば、万が一広い範囲で停電になってしまったとしても、自宅では最低限の日常生活を送ることができるようになるでしょう。自然災害が私たちに及ぼす影響が懸念されている昨今では、住宅用太陽光発電の有効性や将来性は注目されていますし、導入を推奨する自治体も増えています。

 

住宅用太陽光発電の今後が期待される具体的な例としては、各自治体が行っている補助金制度に現れています。少し前までは国も補助金制度を行っていて、住宅用太陽光発電を設置すればいくらか補助金が支給されていましたが、人気が高くなりすぎて設置する家庭が増えすぎてしまったために、現在では補助金制度はストップしています。しかし、都道府県や市町村レベルの各自治体では現在でも補助金制度を継続している所が多く、自宅に住宅用太陽光発電を設置すれば、最初にかかる初期費用のいくらかを補助金でカバーできるシステムとなっています。住宅用太陽光発電は初期費用がまとまった金額になってしまうので、なかなか決断できない家庭は多いのですが、こうした補助金制度を利用できれば、かなりお得に設置できるのではないでしょうか。

 

また、住宅用太陽光発電を設置することによって、発電収入が期待できる点も大きいと言えるでしょう。現在、一般住宅用の太陽光発電で余剰電力が出た場合、最長10年間という制限はありますが、電力会社が余剰電力を買い取ってくれる制度が完備されています。その家庭でどのぐらいの消費電力なのか、また設置する発電装置でどのぐらい野発電量が見込めるのかによって、毎年どのぐらいの発電収入が期待できるかという点は異なりますが、初期投資にかけた分を回収した後は、何もしなくても発電収入が入ってくるということは、一般家庭にとってはとても大きなメリットと言えるでしょう。

 

太陽光見積りサイトNo.1【ソーラーパートナーズ】公式サイトはこちら!



住宅用太陽光発電の今後は損か得か!?

住宅用太陽光発電が注目されて10年以上が経ちますが、現在でもこれから住宅用太陽光発電を導入しようかなと検討している家庭はたくさんあります。少し前までなら、導入している家庭が少なかったため、国や自治体では補助金という制度を完備して、導入すると金銭的な一時金を受け取ることができるというシステムだったのですが、より多くの家庭で住宅用太陽光発電を導入するようになった昨今では、補助金の制度も少しずつ減っています。そのため、国が住宅用太陽光発電の導入を進めていた全盛期と比べると、補助金による経済的なサポートは少ないと考えたほうが良いかもしれませんね。

 

売電価格についてはどうでしょうか。現在、住宅用太陽光発電を導入すると、発電した電力は家庭で優先的に消費し、使いきれなかった余剰電力については電力会社が10年間という期間に限定して買い取ってくれるという仕組みになっています。10年を過ぎた後にはもしかしたら買取り期間を延長してもらうことができるかもしれませんが、現時点ではまだ未定です。そのため、10年の買い取り期間が終了に近づいたら、発電した電力を蓄電して、夜間や天気が悪い時に使えるように工夫する家庭が増えています。

 

今後、住宅用太陽光発電を導入することは損なのか得なのか、その点を知ってから実際に導入するかどうかを決めたいですよね。損か得という点では、得と言えるのではないでしょうか。その理由は、導入することによって災害や停電時でも自宅の電力は確保できるという安心感があげられますし、蓄電池を上手く活用すれば、毎月の電気代を大幅に抑えることが出来たり、場合によっては無料にすることも可能です。その分は節約につながるので、毎月の家計は大助かりになりますよね。住宅用太陽光発電でお得感を最大限にして無駄を最小限に抑えるためには、導入するソーラーパネルの発電量はしっかり計算することが大切です。家庭で消費する電力量に合わせるのが理想的で、目標は家庭の電気代をゼロにする事、ここを目指すと10年が経過した後でも大満足でしょう。

 

太陽光見積りサイトNo.1・ソーラーパートナーズはこちら!