住宅用太陽光発電は、再利用が可能なエネルギー源として注目されています。産業用としてはかなり昔から導入されていますが、一般家庭用の住宅用太陽光発電も現在ではとても注目されていて、約3%の普及率と右肩上がりに伸びているのが特徴です。住宅用太陽光発電の設置には、必要なシステムを購入して設置することになりますが、システムを製造販売しているメーカーは複数あり、それぞれ特徴が異なります。国内シェアを見てみると、最も多いシェアを持っているのはシャープで、全体の35%程度のシェアを誇っています。その次に京セラが30%程度、そしてパナソニックの19%と続いていますが、2017年現在ではパナソニックの住宅用太陽光発電分野におけるシェアの拡大が目覚ましく、今後は国内シェア1位に上り詰めるのではと考える専門家はたくさんいるようですね。

 

このパナソニックの住宅用太陽光発電システムですが、次世代のエネルギー発電システムということで企業全体が力を入れて積極的に取り組んでいる分野としても知られています。製造はマレーシアで行っていて、低コストで高い品質の技術を提供できるような製造開発が行われています。

 

家庭に住宅用太陽光発電を導入する際には、多くの人が購入している高シェアメーカーならひとまず安心と言えるかもしれません。しかし、各メーカーごとに特徴やメリット、デメリットが異なりますし、隣の家にとってはこのメーカーが良くても自分の家では別のメーカーの方が合っているということはもちろんあるかもしれません。そのため、住宅用太陽光発電の導入に関しては必ず複数のメーカーのものを比較しながら検討することが大切です。ソーラーパートナーズのような一括見積サイトを利用すれば、自分が知らなかった販売業者やメーカーについても知識を得ることができますし、どの業者でどんなメーカーの住宅用太陽光発電を取り扱っているのかも知ることができるので、より自分たちにピッタリのシステムを見つけやすくなるのではないでしょうか。

 

太陽光見積りサイトNo.1【ソーラーパートナーズ】公式サイトはこちら!



住宅用太陽光発電シェア ランキング

住宅用太陽光発電システムは、毎年普及率が右肩上がりに高くなっていて、多くのメーカーがこの業界に進出しています。たくさんのメーカーが少しでも優秀な設備をリーズナブルな価格で提供しようと市場競争が激化しているために、私達利用者にとっては、最初の導入時にかかる初期投資費がどんどん安くなり、そして発電効率が高くて優秀な住宅用太陽光発電システムを選択できるようになっているわけですね。

 

太陽光発電システムを取り扱っているメーカーはたくさんありますが、メーカーによっては住宅用のものに力を入れている所があったり、産業用の大規模な設備を中心としたラインナップになっているなど、多種多様です。家庭用の太陽光発電設備という分野に特化したシェアを見ると、パナソニックとシャープがナンバーワンのシェアを誇っています。もともとパナソニックは住宅用太陽光発電システムを初期から手掛けていたメーカーで、業界におけるシェアもシャープに追いつかれるまではナンバーワンという実績を持っていたのですが、2016年に入ってシャープが一気にシェアを拡大し、現在ではパナソニックとシャープが同じシェア率となっています。

 

たくさんのメーカーが進出しようと前向きな姿勢をみせている住宅用太陽光発電システム分野の中では、シェアが減ってしまったメーカーもあります。例えば、京セラですね。京セラは新築住宅の市場にとても強いという特徴があり、新築住宅に設置する住宅用太陽光発電システムとしては、出荷量は業界でナンバーワンを誇っています。しかし、近年は新築住宅の業界は縮小傾向にありますし、すでに住んでいる既存の住宅に住宅用太陽光発電システムを設置しようという顧客が増えているため、全体的なシェア率を見ると減少しているというわけです。

 

現在、住宅用太陽光発電システムで多くのシェアを占めているのは、ランキング1位のパナソニックとシャープの18%に次いで、京セラの15%、ソーラーフロンティアの10%、長州産業の9%、三菱電機の8%と続きます。

 

太陽光見積りサイトNo.1・ソーラーパートナーズはこちら!