住宅用太陽光発電は、再利用が可能なエネルギー源として注目されています。産業用としてはかなり昔から導入されていますが、一般家庭用の住宅用太陽光発電も現在ではとても注目されていて、約3%の普及率と右肩上がりに伸びているのが特徴です。住宅用太陽光発電の設置には、必要なシステムを購入して設置することになりますが、システムを製造販売しているメーカーは複数あり、それぞれ特徴が異なります。国内シェアを見てみると、最も多いシェアを持っているのはシャープで、全体の35%程度のシェアを誇っています。その次に京セラが30%程度、そしてパナソニックの19%と続いていますが、2017年現在ではパナソニックの住宅用太陽光発電分野におけるシェアの拡大が目覚ましく、今後は国内シェア1位に上り詰めるのではと考える専門家はたくさんいるようですね。

 

このパナソニックの住宅用太陽光発電システムですが、次世代のエネルギー発電システムということで企業全体が力を入れて積極的に取り組んでいる分野としても知られています。製造はマレーシアで行っていて、低コストで高い品質の技術を提供できるような製造開発が行われています。

 

家庭に住宅用太陽光発電を導入する際には、多くの人が購入している高シェアメーカーならひとまず安心と言えるかもしれません。しかし、各メーカーごとに特徴やメリット、デメリットが異なりますし、隣の家にとってはこのメーカーが良くても自分の家では別のメーカーの方が合っているということはもちろんあるかもしれません。そのため、住宅用太陽光発電の導入に関しては必ず複数のメーカーのものを比較しながら検討することが大切です。ソーラーパートナーズのような一括見積サイトを利用すれば、自分が知らなかった販売業者やメーカーについても知識を得ることができますし、どの業者でどんなメーカーの住宅用太陽光発電を取り扱っているのかも知ることができるので、より自分たちにピッタリのシステムを見つけやすくなるのではないでしょうか。

 

太陽光見積りサイトNo.1【ソーラーパートナーズ】公式サイトはこちら!