住宅用太陽光発電は、現在様々な分野で注目されている再利用可能なエネルギーです。日本ではいつどこで地震が起こっても不思議ではないと言われているほど自然災害のリスクが高く、少し前には東北や九州において大規模な地震が起こり、周辺の住民は長期間にわたって電力がない生活をしなければいけませんでした。しかし住宅用太陽光発電を自宅に設置していれば、自宅が全壊してしまわない限りは、電力会社からの電力供給が停止してしまったとしても、自宅で電力を発電し、それを消費することができるようになります。これまで通りの生活とまではいかなくても、最低限の日常生活は維持できるようになるでしょう。こうした災害が起こるたびに、住宅用太陽光発電の需要は右肩上がりに高くなり、多くの家庭が導入を検討しています。

 

現在、自宅で発電をすると、優先的に自宅で消費する電力として使うことができます。発電量と電力消費量はその家庭ごとに異なるので、家庭によっては消費量の方が発電量よりも多く、住宅用太陽光発電によって電気代はある程度安くはなるものの、差額の電気代は毎月請求が来るということはあるでしょう。一方、発電量の方が消費電力よりも多い場合には、10年間という期間が制限されていますが電力会社が余剰電力を買い取ってくれる制度が確立されています。買取単価はその年によってわずかに変動しているので、今後も変わることが予想されていますが、住宅用太陽光発電の設置を検討している家庭にとっては、毎月の電気代が安くなったり、場合によっては電力収入が期待できるなどのメリットが期待できます。

 

住んでいる地域やエリア、住宅の環境によって、どんな住宅用太陽光発電を設置するとどのぐらいで採算が取れるかは異なります。各メーカーが販売している太陽光発電装置も発電効率や価格が異なるので、商品選びに関しては販売店に相談しながら決めると良いでしょう。どのぐらいの規模の発電機を設置するのが良いかという点に関しては、自宅でどのぐらいの電力を消費しているのかによって異なり、自宅の電力消費量をカバーできるぐらいの住宅用太陽光発電を設置するのが目安となります。

 

太陽光見積りサイトNo.1【ソーラーパートナーズ】公式サイトはこちら!



住宅用太陽光発電の現状と今後

太陽光発電を導入する家庭は以前からありましたが、2000年代に入ってからは急速に一般家庭にも普及し始めています。東日本大震災などの影響もあり、自然災害時でも自家発電することによって最低限の生活ができる体制を各家庭が考えなければいけない時代が到達したということなのでしょうか。住宅用太陽光発電の普及率を見ても、2010年と現在とでは大幅に増えていますし、国や都道府県など各自治体の補助金制度も充実しているため、家庭ではまとまった初期費用がなくても住宅用太陽光発電を普及しやすくなりましたね。

 

住宅用太陽光発電を導入する場合、最初にどのぐらいの初期費用が掛かるのかという点は、それぞれの家庭ごとに最も大きな不安な点ではないでしょうか。以前ではかなりまとまった費用がなければ導入できない高級機器というイメージが強かった住宅用太陽光発電ですが、現在では補助金などを利用することによって依然と比べると平均して200万円程度も少なくなっているという統計があります。全国平均としては、平均的な5kWの発電量の場合には、10年前だと平均350万円程度かかっていたわけですが、2017年~2018年にかけてはかなりリーズナブルになり、平均すると150万円程度で設置可能になったわけですね。初期費用が安くなれば、導入しやすくなることは言うまでもありませんし、導入することによって長期にわたって毎月の電気代を大幅に抑えることができるわけですから、これはかなりお得な投資ということになるのではないでしょうか。

 

住宅用太陽光発電の設置を行う業者は全国にたくさんあります。住宅用太陽光発電のみを専門に行う業者も多く、名前を聞いたことがない中小企業の業者が一般的ですね。素人の私達にとっては、どの業者が優良なのか分かりにくいため、ソーラーパートナーズのように一括で業者を見つけることができるサイトを利用した業者探しがおすすめですよ。情報メディアとして業界でトップレベルの人気を誇るサイトですし、全国からの依頼件数ランキングでも住宅用太陽光発電部門で1位を獲得しているサイトなので安心です。

 

太陽光見積りサイトNo.1・ソーラーパートナーズはこちら!