住宅用太陽光発電は現在、右肩上がりにニーズが増えている再利用可能なエネルギー資源です。自然災害が起こった場合、自宅に住宅用太陽光発電が設置されていると完全に電力停止になる心配がなく、自宅で発電できる電力を優先的に消費できるので、最低限の日常生活を送ることが可能になります。自然災害がいつどこで起こるか分からない昨今においては、自分たちの生活を守るための一つの手段として住宅用太陽光発電が注目されているのです。

 

実際に、家庭に住宅用太陽光発電を導入する件数は増えています。少し前までは国が住宅用太陽光発電設置に伴う初期費用を軽減するための補助金制度を設けていましたが、現在では設置する家庭が多くなりすぎたために、国の補助金は一時的に中止となっています。しかし都道府県や市町村などの自治体では現在でも補助金制度を継続しているところが多いので、住宅用太陽光発電の設置を検討している人はぜひこうした補助金についてもリサーチすることをおすすめします。都道府県が行っている補助金制度、そして市町村が行っている補助金制度、どちらも重複して利用することができるので、最初にかかる初期費用をいくらか軽減できるのではないでしょうか。10年後にもこうした補助金制度は継続していることが見込まれていますが、需要が多くなると補助金制度もなくなる可能性があるので、もしも設置を検討しているなら早めに決断したほうが良いかもしれませんね。

 

太陽光発電における現在と10年後とでは、電力会社による余剰電力の買取単価という点でも変動することが予想されています。電力会社の買取の際には、1kwごとに単価が決められていて、その単価によって買取価格が計算されるわけですが、毎年この単価が少しずつ低くなっているので、同じ余剰電力量があっても買取価格は少しずつ安くなっている傾向にあります。今後住宅用太陽光発電を設置する家庭が増えれば、この買取単価はもっと安くなることが予想されているので、10年後には余剰電力の買取による発電収入は現在よりも少なくなるようです。

 

太陽光見積りサイトNo.1【ソーラーパートナーズ】公式サイトはこちら!



住宅用太陽光発電の10年後と売電について

現在、住宅用太陽光発電を設置すると10年間は、余剰電力を電力会社が買い取ってくれるという制度が完備されています。産業用太陽光発電設備の場合には、発電した電力はそのまま買い取ってもらうことができるので、売電収入をかなり見込めるわけですが、住宅用太陽光発電の場合には、まず自宅で電力を消費し、使いきれなかった余剰電力のみを買い取ってもらうという制度になっています。この点が、住宅用太陽光発電と産業用とで大きく異なる点ですね。

 

住宅用太陽光発電の買取は、10年間と定められています。この期間を過ぎた場合、発電した電力はどうなってしまうのか気になりますよね。自宅で使いきれなかった電力は、そのまま放置することはできないので電力会社が引き続き買い取ってくれますが、買取りの単価がガクンと下がり、1kw当たり1円程度というタダ同然の低価格となってしまいます。住宅用太陽光発電の初期投資でかかった費用は7年から8年程度で回収できるので、ただ同然で買い取ってもらったからと言って損になるわけではないのですが、せっかく発電した電力をタダ同然で手放すというのはもったいないものです。

 

そこで多くの家庭が検討しているのが、蓄電池の設置です。蓄電池というのは、使いきれなかった電力を貯めることができる設備のことで、例えば昼間に使いきれなかった発電電力を蓄電池に貯めておき、夜間に使うということができます。ソーラーパネルは太陽光がさしている時でなければ発電できないので、夜間や天気が悪い時だと電力会社から供給される電力を使わなければいけません。しかし蓄電池があれば、昼間に貯めた電力を夜間に使うことができるので、電気代をかなり節約できますし、ただ同然にすることも可能ですよね。

 

住宅用太陽光発電を設置してから最初の10年間は、売電単価が高いので、あえて蓄電池を設置しなくても売電収入を期待したほうがお得なのですが、買取り期間が終了する時期になったら、蓄電池の導入も検討してはいかがでしょうか。

 

太陽光見積りサイトNo.1・ソーラーパートナーズはこちら!