住宅用太陽光発電の価格は、各メーカーごとに異なりますし、どのぐらいの発電量を希望するかによっても初期費用は異なります。住宅用太陽光発電を設置する場合、必要な機器として太陽光発電を行うモジュールや、屋根などに設置するための架台、その他にはソーラーパネルで発電した直流電力を、自宅で使える交流電力に変換するためのコンバーターなど、必要な機器をセットとして購入することになります。コンバーターなどは何台も必要になるわけではありませんが、太陽光発電モジュールはパネル1枚ごとに発電量がいくらと決まっているので、希望する発電量に合わせてモジュールパネルの数を決めることになります。

 

その他、住宅用太陽光発電の設置には、工賃がかかることになります。これらの費用や価格を全て含めて1kw当たりの発電量あたりにかかるコストを計算すると、だいたい1kw当たり40万円程度が目安となるようです。つまり、一般的な住宅用太陽光発電で5kw程度の発電を行うなら、初期費用は5kwx40万円で200万円程度ということになりますし、たっぷり10kw発電するなら10kwx40万円で400万円が初期費用として掛かる目安となるわけですね。勿論、メーカーや商品によって価格は異なるので、単価が少し高くなってしまうことはあるようです。

 

住宅用太陽光発電の採算性を計算する際には、初期費用としていくらかかるかという点を念頭に入れなければいけません。また、自治体からの補助金制度を活用することによって最初にかかるコストを軽減できるので、それも含めた自己負担分によって採算性を計算すると良いでしょう。自分で計算しても良いですが、ソーラーパートナーズなどの一括サイトを利用して見つけた販売店なら、最初に見積もりを出してもらう段階で、採算性についても計算してもらう事ができるので安心です。最初にかかる初期費用が高くても、数年間で採算が取れれば投資として設置しても良いでしょうし、その後は毎月の電力がなくなるだけでなく、発電収入を得られるとなれば、かなりお得ということになりますね。

 

太陽光見積りサイトNo.1【ソーラーパートナーズ】公式サイトはこちら!