住宅用太陽光発電の価格は、各メーカーごとに異なりますし、どのぐらいの発電量を希望するかによっても初期費用は異なります。住宅用太陽光発電を設置する場合、必要な機器として太陽光発電を行うモジュールや、屋根などに設置するための架台、その他にはソーラーパネルで発電した直流電力を、自宅で使える交流電力に変換するためのコンバーターなど、必要な機器をセットとして購入することになります。コンバーターなどは何台も必要になるわけではありませんが、太陽光発電モジュールはパネル1枚ごとに発電量がいくらと決まっているので、希望する発電量に合わせてモジュールパネルの数を決めることになります。

 

その他、住宅用太陽光発電の設置には、工賃がかかることになります。これらの費用や価格を全て含めて1kw当たりの発電量あたりにかかるコストを計算すると、だいたい1kw当たり40万円程度が目安となるようです。つまり、一般的な住宅用太陽光発電で5kw程度の発電を行うなら、初期費用は5kwx40万円で200万円程度ということになりますし、たっぷり10kw発電するなら10kwx40万円で400万円が初期費用として掛かる目安となるわけですね。勿論、メーカーや商品によって価格は異なるので、単価が少し高くなってしまうことはあるようです。

 

住宅用太陽光発電の採算性を計算する際には、初期費用としていくらかかるかという点を念頭に入れなければいけません。また、自治体からの補助金制度を活用することによって最初にかかるコストを軽減できるので、それも含めた自己負担分によって採算性を計算すると良いでしょう。自分で計算しても良いですが、ソーラーパートナーズなどの一括サイトを利用して見つけた販売店なら、最初に見積もりを出してもらう段階で、採算性についても計算してもらう事ができるので安心です。最初にかかる初期費用が高くても、数年間で採算が取れれば投資として設置しても良いでしょうし、その後は毎月の電力がなくなるだけでなく、発電収入を得られるとなれば、かなりお得ということになりますね。

 

太陽光見積りサイトNo.1【ソーラーパートナーズ】公式サイトはこちら!



住宅用太陽光発電の価格の傾向

住宅用太陽光発電は、10年前と比べると、最初にかかる初期費用がかなりリーズナブルになっている傾向にあります。10年前の場合には、住宅用太陽光発電の平均的な発電量5kw程度でかかる初期費用は350万円程度だったのですが、2017年~2018年にかけては平均すると150万円程度の初期費用で設置することができます。初期費用が低価格になったことによって、より多くの家庭で設置しやすくなったことは言うまでもないでしょう。

 

住宅用太陽光発電の初期費用がリーズナブルになった背景には、国や自治体の補助金制度、そして市場競争があります。これは、住宅用太陽光発電を導入する際には、一時金として補助金を受け取ることができるというもので、数十万円という単位で補助を受けることができるというメリットがあります。近年では住宅用太陽光発電なら何でもOKというわけではなくて対象となる機器が限定されていますが、対象となる機器を導入すれば補助金を受けることができるという点を念頭に入れて、どの住宅用太陽光発電設備を導入するかを決めると良いでしょう。

 

また、多くの家庭が住宅用太陽光発電を導入するようになった昨今では、住宅用太陽光発電設備を販売しているメーカーも増えています。消費者がたくさんの選択肢の中から少しでも優秀でリーズナブルなものを選ぶことができるため、各メーカーでも優秀な設備を低価格で販売できるような努力と工夫をしているわけですね。これが、設備の低価格化を進めていて、私たちはリーズナブルに住宅用太陽光発電を設置しやすい環境が整っているということになります。

 

住宅用太陽光発電の今後は、もっと低価格が進むことが予想されています。しかし、多くの家庭が導入するにつれて、補助金制度は少しずつ衰退していくと考えられますね。そのため、もしも今後住宅用太陽光発電を設置しようかなと考えている家庭があれば、補助金がなくならないうちに導入したほうが、お得と言えるかもしれません。

 

太陽光見積りサイトNo.1・ソーラーパートナーズはこちら!