住宅用太陽光発電を設置する際には、どのぐらいの発電量にするのかを最初に検討することになります。家庭ごとに毎月消費する電力消費は異なるため、どのぐらい野発電量の住宅用太陽光発電を設置すればよいかという点はケースバイケースですが、毎月の電気代の請求書を見れば、その月に消費した電力量が明記されているので、年間の消費電力量を把握したうえで、どのぐらいの発電量が適しているのかを計算すると良いでしょう。

 

日本国内における一般的な家庭の年間消費電力量は5000kwh程度と言われています。この場合には、住宅用太陽光発電を設置する際には年間で大体5000kwh程度を発電できる設備をつけることがベストとなるわけで、発電のためのソーラーパネルが何枚必要になるのかを計算しやすくなります。例えば、発電効率がバツグンに良いと言われているパナソニック製の住宅用太陽光発電の場合、年間5000kwh程度の発電量を見込みたい場合には、1枚あたり0.25kwh程度のソーラーパネルが20枚程度必要ということになり、その数に基づいて販売業者が見積もりを計算してくれます。

 

ただし、住宅用太陽光発電を設置する際には、発電量は必ずしも保証されているわけではないという点を理解しなければいけません。発電量は日射条件によって大きく異なり、南向きの屋根と北向きの屋根とでは発電量は異なります。また、設置する時には周囲に陰を作るようなものがなくても、数年後にマンションなどが兼摂されて日射条件が悪くなってしまう可能性もあります。そうした場合でも、設置してしまってからではやっぱり元が取れないから返金してもらうということはできないので、そうしたリスクについてはあらかじめ理解しておきましょう。

 

また、発電量はその時の天候によって大きく変動します。販売会社や住宅用太陽光発電メーカーでは、地域ごとの大まかな発電量の目安が紹介されていますが、これはあくまでも平均的な発電量なので、天候が悪い年だと発電量は当然ですが少なくなってしまいます。気候の変化などによって今後どのように発電量が変わっていくかは誰にもわからないことなので、そうした未知のリスク要因に対しても理解しておきたいですね。

 

太陽光見積りサイトNo.1【ソーラーパートナーズ】公式サイトはこちら!