一般家庭で住宅用太陽光発電を導入する際には、デメリットやリスクについて理解しておくことが大切です。住宅用太陽光発電は初期費用がかなりまとまった金額でかかるので、導入した後にこんなはずじゃなかったと後悔したくないもの。そのためには、リスクも含めた採算性を考えなければいけませんし、リスクを軽減するための対策が必要です。

 

住宅用太陽光発電のリスクは、発電量は天候に大きく左右される点があげられます。導入の際に販売業者が見積もりを出してくれますが、これはあくまでも過去の統計に基づいたデータなので、その年の天候によっては発電量が低くなってしまうことはもちろんありますし、設置した後に近くに高い建物などが建ったりして、日射条件が悪くなってしまうこともあります。そうした点は住宅用太陽光発電のリスクと言えるでしょう。

 

自然災害によって設備が破壊されてしまうリスクもあります。自然災害で停電になった場合、建物や住宅用太陽光発電設備がそのまま残っていれば、自家発電をして最低限の日常生活を続けることは可能ですが、住宅が全壊してしまったり、一部破損でも設備が使えなくなってしまう可能性はもちろんあります。万が一の時に備えて導入しても、使えないという事態が起こる可能性はあるという点は、住宅用太陽光発電のリスクと言えるでしょう。ただし、破損による経済的なダメージを最小限に抑えるためには、火災保険などに加入する方法があるので、経済的な損害を防ぐことは可能です。

 

もう一つリスクがあります。それは、住宅用太陽光発電は発電をする設備のため、万が一火災が起こってしまって消防隊が駆け付けたとしても、消火活動が遅れてしまう可能性が高いというリスクです。消火活動の際に使用する水によって感電してしまうリスクがあるため、住宅用太陽光発電が設置されている家庭では特別な作業を消火活動の前に行わなければいけませんし、安全確認も必要となります。そのため、万が一の火災の場合には、ダメージや損害が大きくなってしまうリスクがあります。

 

太陽光見積りサイトNo.1【ソーラーパートナーズ】公式サイトはこちら!



住宅用太陽光発電 のリスクと注意点

住宅用太陽光発電を導入する際には、いくつか注意点があります。まず1つ目のリスクは、売電期間が10年だけに限定されているリスクです。こ期間内には、余剰電力は電力会社が買い取ってくれるので、使わなかった電力は利益にする事ができます。しかし、10年を超えると余剰電力はタダ当然で電力会社に引き取ってもらうことになるため、売電収入を期待することはできなくなってしまいます。

 

2つ目のリスクは、メンテナンスや火災保険などに費用が掛かるという点です。住宅用太陽光発電は電気を使った機器なので、遅かれ早かれ耐用年数がやってきますし、それまでには故障したりダメージを受けたりすることもあります。初期費用が掛かっている投資ですから、そのリスクを少しでも軽減するために保険に加入したりメンテナンスを定期的に行うわけですが、費用が掛かるという点は、多くの人が見落としやすいリスクと言えるでしょう。

 

反射光トラブルもリスクの一つです。反射光というのは、屋根などに設置したソーラーパネルに太陽光が当たり、その光が反射して近所の人に迷惑をかけてしまう事があるというものです。これはどうすることもできないリスクですが、反射光トラブルによって近所関係が悪くなってしまう可能性があるという点は、あらかじめ理解しておきたいですね。

 

他にも、ソーラーパネルを屋根に設置することによって、屋根にかかる重要の負担というリスクがあります。住宅の作りによっては屋根に設置したくても難しいというケースもありますし、屋根に設置できなければ野立ての設置という方法となり、この場合には税金面でも取り扱いが異なってきます。まずはどこに設置できるのかを考えたうえで、先にプランを進めることをおすすめします。

 

初期費用もリスクの一つと言えるでしょう。10年前と比べると初期費用はかなりリーズナブルになっていますが、それでも100万円~200万円程度は平均してかかるという統計があります。この金額を全ての家庭が簡単にねん出できるわけではなく、ローンを組んでねん出したいという家庭もあるわけですが、ローンの審査が難しいという点もまた、住宅用太陽光発電のリスクの一つと言えますね。

 

太陽光見積りサイトNo.1・ソーラーパートナーズはこちら!