住宅用太陽光発電システムを設置する場合、最初にまとまった金額の初期費用が必要となりますが、どのぐらいになるのか全く見当がつかないという人は少なくありません。住宅用太陽光発電システムでは、ソーラーパネルと呼ばれる発電モジュール以外に、屋根などに取り付けるための架台、発電した電力を住宅内で使える形に変換するためのパワーコンディショナーなどの設備が必要となりますし、それに伴う工賃もかかります。また、発電モジュールはたくさんのメーカーからラインナップされていて、それぞれ発電効率や価格が異なりますし、どのぐらいの数のモジュールを設置するのかは、その家庭でどのぐらいの電力を消費するかによっても異なるでしょう。そのため、住宅用太陽光発電システムを導入する際には、設置費用はケースバイケースで考えなければいけません。

 

一般的にどのぐらいの電力が必要になるのかという点に関しては、だいたいの相場を目安として考えることができます。勿論、どのメーカーのものをどの販売業者に設置してもらうかによって発電量1kw当たりにかかる単価は異なりますが、目安としてはだいたい1kwh当たりの発電にかかる単価は44万円程度と言われています。

 

その家庭で、どのぐらいの発電量が必要なのかは、その家庭で1年間にどのぐらいの電力を消費しているかによって異なります。一般的には、家庭で消費する電力量を発電設備でカバーできることを目安にした発電モジュールの設置となるので、一般的な電力消費量の家庭なら、5kwh〜10kwh程度の発電モジュールの設置が多いようですね。かかる設置費用を計算すると、1kwh当たり44万円なので220万円〜440万円ということになります。勿論、発電効率が良いメーカーのモジュールを選べば、1kwh当たりの単価は高くなりますから、単価が44万円を超えて60万円近くになってしまうこともあります。目安はあくまでも目安として、具体的な設置費用は販売業者に見積もりを取ってもらう事をお勧めします。ソーラーパートナーズのような一括見積サイトを利用すれば、簡単に複数の業者に見積もりを依頼することができるので、どこで設置するのがいくらかかるのかを知ることができます。

 

太陽光見積りサイトNo.1【ソーラーパートナーズ】公式サイトはこちら!